晴れ時々?日記

アオモンイトトンボ

「日曜日のマクロ」シリーズ?第三弾はアオモンイトトンボです
b0021375_215908.jpg
E-300/ZS 35 Macro+EC-14
このトンボさん、オスは青いんですがメスは最初からオスと同色のものとオレンジから緑色に変化するものがいるそうです

飛び立った所を遠くから狙ったのですが…ピントがしっぽの先でした…
b0021375_21593383.jpg
E-300/BORG45ED+EC-14



こちら未成熟?のメス
b0021375_2221346.jpg
こっちはオスかもしれないしメスかもしれない(見分けかたを知りません…)
b0021375_2223876.jpg
b0021375_223434.jpg
b0021375_2232216.jpg
b0021375_2233970.jpg
b0021375_22112672.jpg
E-300/ZD 35 Macro+EC-14   ISO400      14日撮影

このマクロレンズはかなり近づいてもピントが合うんですが、近づくとかなり被写界深度(ピントの合う範囲)が浅くなります。マクロで大きく撮るには高倍率のコンパクトデジカメにクローズアップレンズの方がくっきりきれいに撮れるようです。

by m-hir | 2006-05-16 22:41 | ムシ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://hiru.exblog.jp/tb/4695517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Toshi at 2006-05-17 00:15 x
デジイチのマクロで全身にピントは合わせられませんね。
1mmしかないんじゃないかな、被写界深度。
Z1のマクロモードはかなり深かったですから、デジイチに移行したときはビックリした記憶があります。
ところで、EC-14って高いですねー、私もΣのテレコンで1000mm超を考えてたんですが、AFが効かなくなるから今は優先順位がかなり落ちました。
この前、MFで鳥を撮ったらAFの圧勝でしたから。
Commented by osanpophotos2 at 2006-05-17 18:54
マクロの世界に遊ばせてもらいました。
地球の生き物はなんと多彩なのでしょう。
Commented by m-hir at 2006-05-17 22:42
>Toshiさん
ホントに浅いですよねー、ムズカシーです。
EC-14はオイラのレンズでも一番値段の高いレンズです、安く買える店を見つけたのでかろうじてカメラ本体の値段は超しませんでしたが(笑)。
AFが正確に速く合焦すればそれに超したことはないんですけどねー。
Commented by m-hir at 2006-05-17 22:46
>osanpophotosさん
生き物って不思議ですよね。
普段の生活では気がつかないマクロの世界をのぞくと楽しいですよ。
Commented by y_ishikawa99 at 2006-05-20 22:06
こんばんは★ミツバチも忙しくなる季節ですが、
色とりどりのとんぼさんも忙しそうですね~^^
色がとっても綺麗♪
Commented by m-hir at 2006-05-20 23:28
>y_ishikawa99さん
暖かくなって来て、みんな忙しそうですね(笑)。
ムシの色ってカラフルですよね。
<< マクロといえば! テントウ虫 >>